フリーメール 比較

リアルとネットのアカウントを一緒にするリスク

ソーシャルメディアは危険がいっぱい。リアルとネットのアカウントを一緒にするリスクをご紹介。

facebookやtwitterの利用が広まり、それらを舞台にした炎上も増えてきました。多くの炎上は、発言者が自分の発言に対して想像力を持てなかった事に起因します。ある事柄を公衆の面前に晒す事が出来るか/出来ないか、という簡単な判断でさえ、「何気なく」使っているソーシャルメディア上では希薄になってしまいます。本当はこのようなトラブルを起こさない事が一番大切なのですが、お酒の席やイライラした時、自暴自棄になった時など、私達の理性はいつでも理想通りに働いてくれる訳では有りません。しかし、たとえ炎上するような事を投稿してしまったとしても、本人であると特定出来ない場合、大事に至る事はありません。しかし、この「特定出来ない場合」という条件を作るのが意外と難しいのです。

その難しさは、ソーシャルメディアの利用方法に起因しています。特にtwitterなど、日々の何気ない生活を綴っていますから、たとえばアルバイト先が飲食業だとか、○○商店街に買い物へ行ったとか、大学のゼミで何を学んだ...といった「個人特定のヒント」が沢山残ってしまうのです。その行動履歴やアカウント名が、多くの人が実名で登録し、他人はほとんど見ないと思われているmixiのアカウントを割り出されてしまう結果を生んでしまうのです。

また多くのソーシャルメディアは、登録アドレスから友人を探す機能があり、たまたまアドレスで検索した友人からの特定、という例も散見されます。アドレス検索をオフにする事でこのような事故は避けることが出来ますが、大規模なエラーの多いサービスです。その機能が知らないうちにオフになっている事も珍しくはありません。

これらの事から、ソーシャルメディアで匿名性を維持するために気をつけるべき事は下記のようになります。いつ事故が起こるか解らないソーシャルメディア。注意して使いましょうね。

  • 知人に教えたアドレスを登録に使わない
  • 名前を捩ったアカウント名を付けない
  • 特定の団体に所属しているようなフォロー構成にしない
  • 町並みなど、写真の写りこみには気をつける
  • 実名登録しているアカウントは、検索・公開設定をオフにする
無料メールサービス比較では無料メールサービスを比較しています。複数アドレスを持てるメールサービス、多機能が自慢のメールサービス、シンプルなメールサービスなど。フリーメールを選びにご活用ください。
リンク
Copyright (C) 2008- 無料メールサービス比較. Allrights reserved.